知らないと後悔する?!正しい育毛法

作用機序による育毛剤の分類

育毛剤には大きく分けて3種類の作用機序があり、それぞれ違った働き方で育毛効果を発揮します。自分の薄毛の原因を分析し、適したタイプの育毛剤を選ぶことが重要です。
まず、育毛剤の分類について説明します。
1つ目は血行を改善する育毛剤です。これらには毛細血管を拡張し、血流を促進する作用があります。頭皮の血行不良に陥ると毛根まで栄養が行き届かなくなる上に、老廃物が蓄積し薄毛が進行しやすくなります。血行を改善により、栄養不足と老廃物の蓄積を改善することで育毛効果が期待されます。
2つ目は毛根に栄養を届ける育毛剤です。髪を生やすために必要な栄養を毛根の毛母細胞に届け、髪の毛が生えやすい環境を整えることで育毛効果を発揮します。
3つ目は男性ホルモンを抑制する育毛剤です。薄毛を促進する男性ホルモンの働きを女性ホルモン類似物質を用いてを抑える形で育毛作用を発揮します。

原因別正しい育毛剤を選び方

全部で3種類に分けられる育毛剤ですが、自分に合った育毛剤はどのように見分ければよいのでしょうか。薄毛の原因から、適した育毛剤を判断することができます。
まず、頭皮が硬い人、喫煙をする人、運動不足の人は頭皮が血行不良を起こしている可能性が高いです。そのため、血行を改善し血流をよくするタイプの育毛剤が薄毛予防に効果的です。
次に、遺伝的に薄毛が多い家庭の人で特に父親・祖父に薄毛が多い人は、体質的に男性ホルモンの影響を受けやすいです。したがって、男性ホルモンの働きを抑制する育毛剤を使用すると薄毛を遅らせることが可能です。
最後に、生活習慣が乱れている人は髪を生やすために必要な栄養が十分取れていないと考えられます。そこで、毛根に栄養を届けるタイプの育毛剤を使用し、毛根の環境を整える必要があります。
3つの原因が複合して薄毛になっている場合もあるので、3つの成分が含んだ育毛剤を使用するのも良いでしょう。